みんなのマイホーム

マイホーム関連の口コミ2443件を掲載中

menu

マイホーム準備マニュアル

  • 建売住宅と注文住宅、マイホーム購入するならどっち?

     

    「マイホームを購入するなら、子育てしやすい一戸建てがいい」と考える方も多いでしょう。一戸建てのマイホームを手に入れたい場合、土地と建物がセットになった建売住宅を購入する方法と、土地を購入したうえで注文住宅を建てる方法があります。

    ここでは建売住宅と注文住宅それぞれの特徴やメリット、デメリットについてご紹介します。

     

     

    予算も仕様もわかりやすい「建売住宅」

     

    建売住宅とは、土地とセットで販売される住宅のことを言います。土地をいくつかの区画に分け、同じ仕様や似た仕様の住宅を建てて分譲するのが一般的です。

     

    建売住宅の特徴は、あらかじめ仕様や販売価格がはっきりと決まっている点です。思いがけない予算オーバーなどは起こりにくく、土地と住宅を同時に購入するため、まとめて住宅ローンを利用することができます。資金計画が立てやすいのは建売住宅の大きなメリットです。また、建売住宅はまとめて開発されることもあり、同等の設備・仕様を持つ住宅を注文住宅で建てる場合に比べ価格が低くなるのが一般的です。

     

    すでに完成している住宅なら、実際の仕上がりや街並みを目で確かめてから購入できるのも建売住宅の利点です。周辺に似た外観の住宅が並ぶため、統一感のある街並みになっていることも多いでしょう。

     

     

    こだわりの我が家を実現できる「注文住宅」

     

    注文住宅とは、建築士やハウスメーカー、工務店などに設計を依頼し、自分の所有する土地に施工してもらう住宅のことを言います。

     

    注文住宅の特徴は、自由度の高さです。法規制さえクリアすれば、間取りや工法、内外装、建材や設備などを自由に選んで希望通りの住宅を建てることができます。建売住宅では難しい、個性的な外観や設備を備えた自宅を実現することも可能です。

     

    費用については、すべての仕様を自分で決定するため、予算の範囲内で低コストに調整することも可能です。ただし、実際に仕様決定して設計するまでは価格が決まりません。こだわりの仕様や設備を取り入れていくと予算オーバーになりやすいため注意が必要です。

     

     

     

    それぞれの特徴や魅力を比較して検討しよう

     

    建売住宅と注文住宅、それぞれの特徴が理解できたでしょうか?

     

    あらかじめ仕様や価格が決まっている建売住宅は、購入計画が立てやすく手間なども少ない一方で自由度は低め。設計から行う注文住宅は、こだわりの住まいを実現できる一方、資金繰りや仕様決定などに手間がかかりやすいと言えます。

     

    マイホームを建売住宅にするか注文住宅にするかについては、それぞれの特徴を比較してどちらにより大きいメリットを感じるか、じっくり考えてみることをおすすめします。ライフスタイルやご家族の考え方なども考慮して、最適な方法でマイホームを手に入れてください。