みんなのマイホーム

マイホーム関連の口コミ3062件を掲載中

menu

マイホーム準備マニュアル

  • マイホーム購入!ハウスメーカーor工務店!?

     

    ほとんどの人にとっては人生で最も大きな買い物であるマイホームの購入。

    注文住宅を建てる際、ハウスメーカーと工務店とではどちらに依頼するのがいいのでしょうか?

    どちらにもメリットとデメリットがあるので正解と呼べるものはありません。今回は、ご自身がマイホームを建てる際に参考して頂きたいハウスメーカーと工務店のメリットとデメリットについて紹介します。

     

    ハウスメーカーについて

     

    ■ハウスメーカーのメリット

    ハウスメーカーは会社の規模が大きく、社会的な信用もあります。また問題があったときのサポート体制もしっかりしていることが多く、安心して仕事を依頼することができるでしょう。

    またモデルハウスなども用意されており、家の出来上がりについて事前に想像がつきやすく、その想像図から大幅に外れた結果になるようなことはありません。

    所属建築士の多さからデザイン力の幅も広く、人材や資財の確保などにも確かなラインを持っているので工期遅れなどは少ないです。

     

    ■ハウスメーカーのデメリット

    基本的に取り扱うのが、規格生産品のため規格外の注文に対する融通がつけにくいという難点があります。そうした希望がある場合には納期が長めになってしまうこともあるので注意が必要だと言えるでしょう。

    そもそも人件費や広告費などのコストが工務店に比べて高いので、特別な注文をしない場合でもコストは高めのケースが多くなっています。

     

    工務店について

     

    ■工務店のメリット

    工務店はコストのかかるモデルルームや展示場などを持つことは滅多になく、大規模ハウスメーカーに比べると広告などにかける費用は少ないため、仕上がりに関してもハウスメーカーよりは安く上がる場合が多くなっています。

    また自由設計の建築を行うため、施工の制約が少なく特殊な注文にもきめこまやかに対応してくれます。そうした場合でもコストが上がりにくい、という特徴があります。

     

    ■工務店のデメリット

    モデルルームなどを持たないため、出来上がりの家のイメージはつかみにくいことがあります。所属している建築士も少ないため、ひとつの工務店ができるデザインの幅はそれほど広くありません。

    また資材などの手配に関して遅れが発生することがあります。そうした場合、納期にも遅れが出てしまう可能性があります。

     

     

    以上がハウスメーカーと工務店のメリット・デメリットになります。

    「納期の遅れはあまりなく、保証などについて安心できる」が、「比較的割高で規格品が多い」ハウスメーカーか。

    「納期が遅れることがある、保証に不安が残る場合もある」だけど、「値打ち、規格外品にも対応してくれる」の工務店か。

    どちらも一長一短でどちらがいいと言い切ることは難しいです。

    まずは自分の理想とするマイホームを建てるためにはどちらがいいのか、しっかりと考えた上で業者を選ばれることをオススメします。